UNIQUE TRIP

おもしろいものを見に行こう


 
フィンランドのどこかにあると言われている妖精たちが集まる「ムーミン谷」。その「ムーミン谷」がフィンランドではなく埼玉県にあるというのをご存知ですか?埼玉県の「あけぼの子どもの森公園」は日本とは思えないくらいの大自然とムーミンたちの家が存在しているのです。今回は「あけぼの子どもの森公園」についてお話しします。

あけぼの子どもの森公園

 

@copieeeeが投稿した写真


 
埼玉県の飯能市阿須には「あけぼの子どもの森公園」があります。この埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」は自然に溢れている園内です。
この「あけぼの子どもの森公園」には「ムーミン屋敷」「子ども劇場」「森の家」などといった3つの建物がメインにたてられている公園です。


 
その埼玉県にある「あけぼの子どもの森公園」は、まるで「欧州の風景」を見ているような気分になれる日本ではない雰囲気を楽しめます。
また、国から「平成記念子どものもり公園」と指定を受けた場所でもあります。

ムーミンについて

 

月しずくさん(@ikeda924)が投稿した写真


 
ところでムーミンはご存知でしょうか?
童話の発祥としてのフィンランドだけではなく、国外である日本でも根強い人気を誇る作品のひとつです。

Yasuikaraさん(@yasuikara)が投稿した写真


 
「ムーミン」とはフィンランドの「ヘルシンキ」出身の作家トーベ・マリカ・ヤンソンの「ムーミン・シリーズ」と呼ばれる一連の小説と絵本、弟のラルス・ヤンソンとの共作のマンガの総称のことです。
このシリーズの主人公はムーミンと呼ばれていますが「ムーミントロール」が正式名称なのですよ。
因みに、「トロール」とは北欧の民間伝承に登場する、広い意味で「妖精」の一種のことです。伝承によって大きかったり小さかったりして異なるようです。

いづみさん(@idumiizumi)が投稿した写真


 
そんなムーミンが暮らす「ムーミン谷」はフィンランドのどこかにあるとされている谷です。
東には「おさびし山」が聳えており、麓から川がながれています。その川にはムーミンパパがつくった橋がかかっており、その先に「ムーミン屋敷」があります。屋敷の北側には「ライラックの茂み」、西は海に面しており、桟橋の先には水浴び小屋があります。
img_banner02_20160706
埼玉県は東京のとなりの県であり、都内から1時間あればつける場所にある、ということもあり行きやすく人気があるのかもしれません。
この、ムーミンの世界観をモチーフに「ムーミン屋敷」「森の家」「小川」「遊歩道」などが埼玉県飯能市の自然をうまく利用して再現されているのですよ。

asami*honoさん(@nuineko)が投稿した写真


 
「あけぼの子どもの森公園」にはまるでスナフキンが現れそうな水遊び小屋があります。
建物の様式までフィンランドっぽい雰囲気で可愛らしいですね。埼玉県なのにフィンランドの気分が味わえます。
この水浴び小屋の先にはわんぱく池があります。

ムーミン小屋

「いこいの広場」は木の温もりを感じる内装となっております。

Yukina Nezuさん(@yukina422)が投稿した写真


 
内部の所々に拓いている穴があります。子どもなら余裕を持ってくぐれるほどの大きさなので鬼ごっこやかくれんぼなんかができてしまうかもしれませんね。


 
2階にあがる螺旋階段を上ると「ムーミンホール」があります。
ムーミンの童話にでてくる仲間たちの小部屋には色々な所にしかけが隠されています。子どもたちは自由に楽しく遊ぶことができる場所となっております。
また、「ムーミン屋敷」には地下室もあります。この地下室は工房となっているようですよ。

森の家

 


 
この「森の家」の2階はミニ図書館になっているのですよ。
ムーミンに関する書籍や絵本がたくさんあるので読みたいムーミンの本を探してみてはどうでしょうか?
もちろん内装も木でできているので温もりに溢れているのですよ。

ムーミン基金

また、埼玉県飯能市のふるさと納税に「ムーミン基金」が追加されました。
「ムーミン基金」は飯能市の観光施策の推進に使われる基金であり、寄付すると返礼品として「ムーミングッズ」を選択できます。


 
中にはフィンランドからの直接輸入で日本国内では入手困難なアイテムがあります。ファンには最高の返礼品ですよね。
「あけぼの子どもの森公園」は飯能市が管理している公園なので入場料は無料です。
「あけぼの子どもの森公園」の駐車場も無料なので車でお越し頂いても心配はありません。


 
「あけぼの子どもの森公園」へ電車で来る場合には西武池袋線「元加治駅」が最寄りとなっております。しかし注意して頂きたいのが、西武池袋線の最寄り駅から歩いて20分ほどかかるということです。
小さいお子さんをお連れの方や、歩くのが嫌な方は車でのアクセスが便利だと思います。


 
いかがでしたでしょうか?
埼玉県にある「ムーミン谷」こと「あけぼの子どもの森公園」。
まるでムーミンのような世界観を味わいせんか?きっと子どもでも大人でも楽しめること間違い無しですよ。
【まとめ】
1,埼玉県にフィンランドにあるムーミン谷のような場所がある!
2,大人も子どもも楽しめる憩いの場所がある!
3,ムーミン資料館があり、ムーミンの歴史が伺える!!

スポット名 あけぼの子どもの森公園
住所 埼玉県飯能市大字阿須893-1
Tel 042-972-7711
営業時間 午前9時から午後5時まで
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
料金 無料
HP あけぼの子どもの森公園
この記事を書いた人

UT編集部

UT(UNIQUE TRIP)編集部です。 「おもしろいものを見に行こう。」をコンセプトに全国の観光情報を執筆していきます。

この記事が気に入ったら いいね! しよう。

最新の情報をお届けします。

PICK UP

Weekly Ranking

【隠れた名店!】人ごみを避けて大阪・ミナミを深く楽しむ穴場スポット特集
上質な時間を過ごせる神戸の読書カフェ5選
何を観るかより、どこで観るか!大阪のおすすめ映画館10選
自由にモフれるぞ!大阪のおすすめ フクロウカフェ まとめ
【京都】せっかく京都に来たなら抹茶を食べなきゃ!京都で味わえる抹茶スイーツづくし!
【閲覧注意】横浜が誇る最強のゲテモノ店「珍獣屋」にいってきた【食欲の秋】
【京都】新たな珍スポット爆誕!!京都レトロショップ「秘密基地」に行ってきた
【WE LOVE 鮭】サーモン信者は大阪・福島にある噂の「サーモンバル」に急げ!
【神戸の魅力】三宮・元町だけじゃない! ゆっくり“六甲”を散歩しよう
ペンギンのいるバーが面白い! 癒されつつお酒を楽しもう♪