UNIQUE TRIP

おもしろいものを見に行こう

こんにちは!離島大好き大学4年のあすかです。

最近では LCC の人気もあり、日本の離島に行く人が増えプチ離島ブームが起こりつつあります!なんてったって離島の魅力は、普段は味わえないゆったりのんびりとした「島時間」ですよね?いつもと違う自然豊かな空間で島のおいしい料理を食べてのんびりするのがたまりません。(笑)
そんな島時間を「時間がないけど味わいたい!」「できれば都内で味わいたい!」と思っているみなさんに朗報です!都内でも島時間を味わえるご飯屋さんを発見しちゃいました!

その名も「離島キッチン」
東京の神楽坂駅から徒歩5分で見えてきたのは、波の音が聞こえてきそうな島の雰囲気満載のお店。
離島キッチン記事写真_3006

中に入ってみるとそこは島に来たかと錯覚を起こすような店内。 1階と2階があり、船小屋を想像させます。
離島キッチン記事写真_3499

一息ついたところで島ご飯を食べましょう。
離島キッチンのランチでおすすめなのが
「島めぐりランチ御膳」¥2000(税別)

島めぐりランチ御膳で全国の離島を味わってください

離島キッチン神楽坂さん(@ritokitchen)が投稿した写真 –

ランチで2000円はちょーっと高いと思う人もいるかもしれませんが、この御膳だけでも8つの離島の味が楽しめるというとてもお得でお腹も満足なランチメニューです! 店員さんが一つ一つ丁寧に食材を紹介してくれるので、離島に来た気分で味わうことができます。

ちなみにちょっとネタバレしちゃいますと
ご飯は隠岐島海士町のコシヒカリ。
八丈島のムロアジのメンチカツと淡路島のたこのから揚げ。
・・・などなど!日によってちょっとずつおかずが変わる時もあるので、行くたびに何が食べられるのかワクワクしながら行くのもいいですね。

他にも島根県隠岐島の「寒シマメのづけ丼」¥1200(税別)、隠岐島海士町ののスルメイカを肝醤油で和えたイカのづけ丼など、お手軽で絶品なランチメニューもあります!!

寒シマメ漬け丼。12~2月が旬であるスルメイカを肝と醤油で和えた丼です。#隠岐島#海士町

離島キッチン神楽坂さん(@ritokitchen)が投稿した写真 –

さらに毎月、一つの島を特集するのですが、取材に行った9月は鹿児島県奄美大島特集をしており 、今話題の「鶏飯」がメニューにありました。自分流で具材をのせて鶏でしっかりだしをとったスープをかけて食べるがたまりません。奄美大島へ行きたくなりました!
離島キッチン記事写真_2380

メニューはその日によって少しずつ変わるので毎日違うんです。

そして実はこちらのメニュー、お持ち帰りができちゃいます!
日付入りなのでお店に行った記念になりますね。行った人だけがもらえるレアアイテムです。
離島キッチン記事写真_7538

さらに、離島キッチンで味わえる島時間はおいしいご飯だけではありません!! 2階の階段を上がったすぐの所にあるのは「島の図書館」!
離島キッチン記事写真_3864

島の図書室では、島の紹介や郷土料理の本などを置いてます。次の島旅計画や新しい島探しに。

離島キッチン神楽坂さん(@ritokitchen)が投稿した写真 –

日本の離島が地域別に紹介されている本や、離島の楽しみ方などが掲載されている雑誌など、とにかく沢山の島情報を GET できちゃいます。ごはんを食べながら友達と本を見て次の島旅の計画を立てるのもありですね!行き先に迷ったら店員さんにおすすめの島を聞くのもいいかもしれません。離島好きの店員さんがきっと答えてくれますよ。

離島キッチン記事写真_5666

ちなみに、こちらがあすか一押しスタッフのお2人!
母島大好きこばこさん(左)
沖永良部島大好きあすか(真ん中)をはさんで、
利尻島大好きつじこさん(右)
このお2人は私の島巡りの先輩なので、ぜひ話しかけてみてください!

たっぷり島時間を味わったら最後に物販コーナーも見てみませんか?
離島キッチン記事写真_4252

ランチで使われた食材や普段は島でしか買えない珍しい島の物産が並んでいます。
離島キッチン記事写真_8495

私のおすすめは鹿児島県徳之島の「みそ豆」です。
黒糖と一緒に豆を揚げたお菓子なのですが、甘くてどこか懐かしい味が一度食べ出したら止まらなくなります。(笑) いつも買って帰ります。
ぜひ味わってみてください。

お店を出たら離島伝言板で島の最近の情報がチェックできます。 沢山島の情報を持ち帰っちゃいましょう。
離島キッチン記事写真_4284

どうでしたか?島時間を味わえるお店「離島キッチン」
学生的には、ランチに遊びに行くのがお値段もお手頃で行きやすいと思いました。 もちろん、夜も営業しているので夜の島時間もぜひ味わいに行ってみてくださいね。
都内に現れた離島は、誰もが島に来たと勘違いするほど日本の離島を五感で楽しめる空間でした。ぜひ皆さんもお気に入りの島を見つけてみてください!!

S__43556880

S__43556879

店名 離島キッチン 神楽坂本店
営業時間 月 ディナータイムのみ 18:00~22:00 火〜日・祝 11:30〜14:00 18:00〜22:00 L.O. 21:00
定休日 不定休
住所 東京都新宿区神楽坂 6-23
行き方 東京メトロ 東西線 神楽坂駅 出口 1 から徒歩 2 分
都営線大江戸線 牛込神楽坂駅 A3 出口から徒歩 5 分
東京メトロ 南北線 有楽町線 東西線 ・都営大江戸線 飯田橋駅 B3 出口から徒歩 7 分
JR 飯田橋駅 西口から徒歩 8 分
TEL 03-6265-0368
HP 公式ページ
SNS twitterfacebookinstagram

(地図)
S__43606026

この記事を書いた人

あすか

好きな島は沖永良部島!好きすぎて特命観光大使になりました!離島大好き大学4年生のあすかです。日本のわくわくを沢山発信していきます!お楽しみにー!

この記事が気に入ったら いいね! しよう。

最新の情報をお届けします。

PICK UP

Weekly Ranking

【隠れた名店!】人ごみを避けて大阪・ミナミを深く楽しむ穴場スポット特集
上質な時間を過ごせる神戸の読書カフェ5選
何を観るかより、どこで観るか!大阪のおすすめ映画館10選
自由にモフれるぞ!大阪のおすすめ フクロウカフェ まとめ
【京都】せっかく京都に来たなら抹茶を食べなきゃ!京都で味わえる抹茶スイーツづくし!
【閲覧注意】横浜が誇る最強のゲテモノ店「珍獣屋」にいってきた【食欲の秋】
【京都】新たな珍スポット爆誕!!京都レトロショップ「秘密基地」に行ってきた
【WE LOVE 鮭】サーモン信者は大阪・福島にある噂の「サーモンバル」に急げ!
【神戸の魅力】三宮・元町だけじゃない! ゆっくり“六甲”を散歩しよう
ペンギンのいるバーが面白い! 癒されつつお酒を楽しもう♪